格安SIM&ガラケーで通話料を安く!

10分以上の通話をよくする人

普段から長電話をよくする人、10分以上の通話をよくする人は、格安SIMの利用+ガラケーの2台持ちがお勧めです。

 

BIGLOBE SIM、楽天モバイルなど、格安SIMでも通話料金が安く済むものもありますが、これは短い電話を頻繁にする人に向いているプランのため、長電話をする人は、格安スマホ&ガラケーの2台持ちをすることで、返って安く済ませることが出来ることがあります。

LINE電話があるけれど・・・

現在では、スマホが普及していることもあり、LINEの無料電話や無料通話が出来るアプリなども登場していますが、LINEに友達登録をしたくない人や、仕事先の人などかける相手によってLINE電話が使えないといった状況もあるでしょう。
このような人は、格安スマホとガラケーの2台持ちをすることで結果として節約に繋がります。

 

格安スマホ+データSIM→月額900円(3GB)
大手キャリアのガラケー→国内通話し放題プラン月額2,200円

 

このようなプランを利用することで月額3,100円で3GBですから、スマホが普通に使える、国内通話はし放題ですから、格安スマホ1台で済ませるよりも安くなります。
普段から眺めに通話を利用する人は、このような使い方がお勧めです。

国内通話プランならどこも同じ

国内通話し放題のプランの場合、docomoもauも月額2,200円と同額です。

 

これを機会に格安スマホとガラケーを持とうと考えた人には、docomoのガラケーよりもauのガラケーの方が安いのでお勧めですが、高額な違いがある訳ではないため、ガラケーに関してはご自身が買いたいと思うガラケーでいいでしょう。

docomoの話砲台プラン

docomoのガラケーは、月額2,200円で国内通話し放題です。
「カケホーダイプラン(ケータイ)」が、月額2,200円です。

 

docomoのガラケーは、docomoショップだけでなく、Amazonでも購入できます。
5,000円〜13,000円程度の価格で購入できるので、そちらで購入した後にdocomoショップにカケホーダイプランの申し込みに行くといった方法でもいいでしょう。

auのガラケー話し放題プラン

auのガラケーの場合でも、月額2,200円で国内通話し放題のプランがあります。
auでも、Amazonで3,000円程度(中古)〜6,000円(新品)といった価格で購入が可能ですので、こちらも購入後にauショップに行って「電話カケ放題プラン(ケータイ)」を申し込みすれば通話が可能になります。

softbankのスマ放題

softbankのガラケーも同様に、月額2,200円で国内通話がし放題のプランがあります。
softbankの「スマ放題」を申込む際は、S!ベーシックパックなしでも契約が可能ですが、S!ベーシックパックなしで契約をする方が今後利用していく上でも安全といえます。

 

softbankも同様に、Amazonで6,000円程度の価格でガラケーの購入が可能なので、それを持ってsoftbankショップで「スマ放題」の「基本料金だけのプラン」に申し込みすれば、月額2,200円で話し放題を利用することが出来るようになります。

格安SIMとガラケー2台持ちは当たり前??

格安SIMの利用者のうち、実に半分の人は格安スマホとガラケーの2台持ちをしているともいわれています。

 

現在でもガラケーを利用している人はまだまだ多く、ガラケーと格安スマホの2台持ちと聞くと、何だか面倒かも・・・と感じる人もいるかもしれませんが、これは「普段から長く通話を利用する人」に向いた持ち方です。

 

LINEやアプリなどの無料電話で事足りる人には、2台持ちは必要ありませんが、LINEに友達登録したくない相手や、仕事先の人など無料電話で通話ができない相手との連絡を取る機会がある人は、2台持ちがお勧めです。