SIMカードの疑問記事一覧

格安SIMとは格安SIMは、格安SIMカードの略で、スマートフォンなどの携帯電話の中に入っているチップのこと。大きさは、1円玉よりも小さく、標準SIM一番大きなサイズmicro SIM標準SIMより小さい中くらいのサイズnano SIMSIMカードの中で一番小さいサイズ。1円玉よりも小さいの、3種類があり一般的なサイズはmicro SIMです。これは、携帯キャリアによって呼び方がSIMカード、格安...

格安SIMが安い理由格安SIMは、DoCoMo、au、softbankなど、大手携帯キャリアと契約せずに、大手携帯キャリア以外(DMM mobile、楽天モバイル、OCNなど)と契約することで、これまで、例えば毎月7,000円程度掛かっていた携帯電話の料金が、月2,000円程度にまで節約することが可能になるため、格安SIMを安く利用することが出来るのです。大手キャリアが高い理由普段から多くの人が使...

格安SIMに最適な「白ロム」「白ロム」という言葉を聞いたことがあると思いますが、白ロムは、docomo、au、softbankなど大手キャリアで販売されているスマホのことを白ロムといいます。もしあなたが大手キャリアのスマホを使っている場合、それが白ロムです。もし、docomoで分割払いで契約したiPhoneは実質0円になりますが、この場合「docomoで買った」ので白ロムです。白ロム以外にも「赤ロ...

すぐに格安SIMにしない方がいい事も最近になって大手キャリアへMNP(携帯電話番号ポータビリティ)や、大手キャリアの新規契約、機種変更を行った場合、違約金が発生する場合があります。違約金が発生する場合、高額だと50,000円〜100,000円といった大変高額な料金を取られてしまうケースもあるため、今すぐに格安SIMにしない方がいいこともあります。仮に、50,000円の違約金を支払って解約して格安S...

070、080、090の番号が必要かどうか格安SIMは、まず自分に合う格安SIMを選んだらそれを購入し、手元に届いたら必要な設定を行って使い始めるといった流れですが、格安SIMを利用するに当たり、070、080、090の携帯電話の番号が必要かどうかを検討することで、音声付格安SIM・データ専用格安SIMかが決まります。電話番号ありの格安SIM他社からのMNP(番号移行)、新しい携帯電話に電話番号が...

通話料は安くできる?格安SIMは、毎月の利用料を安く抑えることが出来るといった嬉しいメリットがある反面「通話料が高い」といったデメリットもあります。格安SIMの通話料は、「20円/30秒」と割高の通話料なので、1日10分を1ヶ月続けた場合、1ヵ月の通話料が12,000円にもなってしまいます。半分の時間でも6,000円ですからかなり高いです。格安SIMで毎月の携帯料金を安くできたのに、結果として高額...

格安SIMの種類は2種類格安SIMは、基本的に「自分に合った格安SIMを選んで購入する」といった感じです。音声通話付き格安SIM、データ通信専用の格安SIMの2種類がありますが、これらは購入の仕方が違います。ここでは、格安SIMの購入の仕方について簡単にお話していきます。データ通信専用の格安SIMデータ通信専用の格安SIMの場合、購入するのにクレジットカードが必要になります。また、オプションとして...

クレジットカードがないとダメ?MVNOで格安SIMを利用したいと検討している人の中で、クレジットカードを使いたくないという人もいるようです。格安SIMの毎月の利用料を支払う場合、携帯電話であれば口座振替やクレジットカード払いといった選択がありますが、格安SIMの場合、クレジットカードが必要になります。とはいえ、クレジットカードを使いたくない、クレジットカードを持っていないという人もいるでしょう。M...

10分以上の通話をよくする人普段から長電話をよくする人、10分以上の通話をよくする人は、格安SIMの利用+ガラケーの2台持ちがお勧めです。BIGLOBE SIM、楽天モバイルなど、格安SIMでも通話料金が安く済むものもありますが、これは短い電話を頻繁にする人に向いているプランのため、長電話をする人は、格安スマホ&ガラケーの2台持ちをすることで、返って安く済ませることが出来ることがあります。LINE...

格安スマホって何ですか?格安スマホは、「価格が安いSIMフリーのスマホ」、「格安SIM+スマホのセット」のふたつを指している言葉です。格安スマホの端末代金、SIMフリーのスマホの本体価格を24ヶ月(2年)の分割払いにすことで、初期費用を抑えることが出来て便利ですが、もちろん最初に一括での全額支払いも可能です。格安スマホの月額料金は、月額3,000円(分割払い込み)が一般的な価格で、2年が過ぎる頃に...

新しいスマホは必要ですか?もし、スマホを持っていない場合は、格安SIMを利用するために購入する必要がありますが、「格安SIM+スマホ」といったセットで割引販売している会社もあります。とはいえこの場合、価格を割高に設定しているところもあるので、「セットだから安い」と勘違いして購入してしまうことに気をつけましょう。格安SIMを利用する人の場合、多くの人が節約のため、これまでの携帯料金が高いからといった...

iPhoneのレンタルオプションサービスDTI SIMは、iPhoneの「レンタルオプションサービス」があります。このサービスは、iPhoneの買取も可能です。DTI SIMの月額料金にプラスして、iPhoneのレンタル料金を毎月支払うことで、1年ごとにレンタル端末を買い取るか、新機種へ機種変更するかが可能なオプションサービスです。今後新たな機種が増えるかもしれませんが、現段階でこの「スマホレンタ...

iPhone6s以前のiPhoneはSIMロック解除不可!?docomo、au、softbankで同じモデルが取り扱えているのは、幅広い周波数に対応しているためです。ですから、簡単に言ってしまえば、SIMロック解除が出来てしまえば、どのキャリアの格安SIMを利用しても挿して使えてしまいますが、現在、SIMロック解除が義務化されましたが、iPhoneに関しては、旧機種も含め、ひとつ前のiPhone6...

auのiPhone・iPadauのiPhone・iPadでは、一部の機種では格安SIMを利用することが出来ません。iOS9.2の環境の場合、auのiPhone5s、au iPhone5c以外であれば、全てのiPhone、iPadでの格安SIMの利用が可能で、auのiPhoneに対応している格安SIMは「UQ mobile」と「mineo(マイネオ)」の2種類になります。※UQ mobileでiPh...

DMM mobileDMM mobileは、業界最安値を追求している格安SIMの会社ですが、DMM mobileの一番の特徴は「安さ」といえます。DMM mobile公式サイト型落ちしたiPhone6でも別に気にしないといった人であれば、端末+回線のセットで申込をすることが可能です。DMM mobileの端末の価格は、iPhone6(16GB)の一括払いなら75,384円、分割払いなら3,714円...