月額2,000円台の格安SIM その2

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMは、通信速度は可もなく不可もなくといった格安SIMです。
月6GB・12GBのプランがお勧めなほか、格安SIMの中でも通話料が一番安く、「通話パック60」を申し込むことで、格安SIMでも通話料を抑えることが出来るので、毎月30分以上電話を利用しているという人は、「通話パック60」がお勧めです。

 

月額料金は、「ライトSプラン」で2,150円(6GB)、「12GBプラン」で3,400円(12GB)となっています。

 

BIGLOBE SIM公式サイト

IIJmio

IIJmioは、MVNO業界でシェアNo.2を占めている格安SIMです。
通信速度を長年維持していることもあり、格安SIMの中でも信頼性が高く、月額料金も控えめなほか、MVNO業界ではIIJmioが月額料金を値下げするため、他の格安SIMもそれに負けじと料金を下げることもあります。

 

安く格安SIMを使いたいけど、きちんとしたものを使いたい・・・そんな人は、IIJmioがお勧めです。
月額料金は、音声通話機能付きSIMみおふぉん「ライトスタートプラン」で2,220円(5GB)、「ファミリーシェアプラン」で3,260円(10GB)となっています。

 

IIJmio公式サイト

楽天モバイル

楽天モバイルは、docomo系の格安SIMです。
通信速度は少し遅めですが、月額料金が無料、格安スマホの割引キャンペーン、ポイントバックなど、キャンペーンを頻繁に行っているのが特徴の格安SIMです。

 

楽天市場を普段から利用している人には特にお勧めで、楽天市場で買い物をする際に貰えるポイントが、楽天モバイルならずっと2倍で貰えます。

 

また、月額850円のオプション料金で5分間の通話がかけ放題。
格安SIMの中で一番割安なので、毎月の利用料金はもちろん、ご自宅でWiFiを利用している人にお勧めです。
月額料金は、通話SIM5GBプランで2,150円、10GBプランなら2,960円で利用することが可能です。

 

楽天モバイル公式サイト

DTI SIM

DTI SIMは、月額料金が低価格で、キャンペーンを多く実施している格安SIMです。
毎月の携帯料金を出来るだけ安く抑えたいという人に特にお勧めなほか、2016年5月からは、余ったデータを翌月に繰越することが出来るようになりました。

 

DTI SIMは、MVNO業界ではまだ利用しているユーザーが少ない格安SIMなので通信速度が比較的早いです。
(※ユーザーが増えることで通信速度が低下する場合があります。)
月額料金は、音声プラン(通話SIM)が2,900円、データ容量は無制限で利用することが出来ます。

 

DTI SIM公式サイト

NifMo

NifMoは、docomo系の格安SIMの中でも通信速度が一番速い格安SIMです。
格安スマホや格安SIMを申し込む場合、キャッシュバックを受けることが出来るなど、手頃な価格で新しいスマホを購入することも出来るので、初期費用から安く抑えたいという人にもお勧めです。

 

NifMoは、新しくスマホを購入して格安SIMを利用するといった人に特にお勧めの格安SIMです。

 

月額料金は、5GBプラン+音声通話対応なら2,300円、10GBプランなら3,500円と、手頃な価格での利用が可能です。

 

NifMo公式サイト