月額1,000円台で利用できる格安SIM その1

月額1,000円台の格安SIM

音声通話SIMの中でも、一番人気の格安SIMが「月額1,000円台」の格安SIMです。
月額料金の違いは、どういう部分で決まるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、これは、月に利用できる高速データ通信の容量によって価格が変わってきます。
安ければ安いほど高速データ通信の容量が少ない、多ければ多いほど高速データ通信の容量が多いということです。

 

データ通信の容量は、月1GBは必要になりますが、月3GBならデータ量としては十分です。
とはいえ、1GBと3GBの月額料金は200円程度しか差がないので、ご自身が「あまり使わないけど時々多く使う時も・・・」なんて迷ったときは、3GBを選択しておけば安心です。

UQ mobile

格安SIMの名亜kでも、通信速度が一番速いのがau系の格安SIM「UQ mobile」です。
月に利用するデータ量が3GB以下の場合、UQ mobileの利用を検討してもいいでしょう。

 

月額料金は、「データ高速+音声通話プラン(3G)」で1,680円と少し高めですが、それでも2,000円でお釣りがくるので格安です。

 

UQ mobile公式サイト

mineo(マイネオ)

mineoは、au系の格安SIM(auプラン)、docomo系格安SIM(docomoプラン)を提供している格安SIMです。

 

月額50円引きの家族割や複数回線割などを利用することが出来るので、ご家族など、格安SIMを複数で利用したい人にお勧めです。

 

また、デュアルタイプの音声SIMをすぐに解約しても違約金も発生しません。
mineoは、格安SIMがどのようなものなのか試しに使ってみたいという人にもお勧めです。
通信速度は、auプランは大手キャリア並みに、docomoプランでもそこそこ速めの速度です。

 

auプランの場合、デュアルタイプ「データ通信+090音声通話」なら、月額1,310円(300MB)、1,410円(1GB)、1,510円(3GB)となっています。

 

また、docomoプランの場合は、同じタイプで1,400円(500MB)、1,500円(1GB)、1,600円(3GB)となっています。

 

mineo公式サイト

DMM mobile

DMM mobileの月額料金は、MVNO業界最安値レベルです。
月に利用できるデータ量の選択肢も多く、利用している途中であっても変更することが出来るので、あなたに合ったプランを選べます。

 

DMM mobileの「シングルコース」は、1,140円(200kpbs)、1,260円(1GB)、1,380円(2GB)、1,500円(2GB)、1,910円(5GB)と、5GBでも2,000円以内と大変低価格です。

 

DMM mobile公式サイト

FREETEL

FREETELの格安SIMは、手頃な価格の格安スマホの取り扱いはもちろん、格安SIMの中でも通信速度が速い格安SIMです。

 

利用したデータ量に応じて月額料金が変わるという「重量制」になっていますから、ライトユーザーであればあまりデータ量を消費しないので安くなります。

 

とはいえ、余ったデータの翌月繰越といったサービスはないため、1GB以上利用するという人は、少し割高だと感じることもあるかもしれません。
FREETELの格安SIMは、ライトユーザーや通信速度を重視して利用したい人にお勧めです。

 

月額料金は、音声通話月(音声SIM)で999円(100MB)、1,199円(1GB)、1,600円(3GB)と低価格です。
重量制ならライトユーザーは特に月額料金を安く抑えられます。

 

FREETEL公式サイト

NifMo(ニフモ)

NifMoは、docomo系の格安SIMの中でも通信速度が一番速い格安SIMです。
格安スマホや格安SIMを申し込む場合、キャッシュバックを受けることが出来るなど、手頃な価格で新しいスマホを購入することも出来るので、初期費用から安く抑えたいという人にもお勧めです。

 

NifMoは、新しくスマホを購入して格安SIMを利用するといった人に特にお勧めの格安SIMです。

 

NifMo公式サイト