格安SIMは通話料が高い

通話料が高いというデメリット

大手キャリアの通話料は、電話をしても通話料が高額にならないよう、通話を沢山する人にピッタリのプランや、時間帯で同じキャリア同士の通話料なら無料などといった、通話料に配慮したプランがあります。

 

しかし、格安SIMの場合は、そのようなプランが主流になっていません。
格安SIMの通話料は「30秒20円」が一般的で、楽天の格安スマホの場合は30秒10円といったような価格設定ですが、通話し放題といったプランはないため、通話をする人は気をつけましょう。

会社用に使うのは厳しい?

もし、個人的に使用しているスマホと仕事用とを分けたいと考えている人は、格安SIMは不向きといえます。

 

無料通話といえばLINE電話がありますが、仕事の電話をLINE電話で行う人は、極々稀なケースといえます。

 

家族や友人と電話をする場合であればLINE電話で十分ですが、もし仕事用に・・・と考えている場合は、不向きといえます。

 

格安SIMの通話代は30秒20円が基本です。楽天電話をつかうと通話の質を落とさずに30秒10円にすることができます。家族や友達などに電話をしたいときはLINEの無料通話を使えばいいので、格安SIMの通話代の高さを気にする必要はないと思います。

無料通話のプランがある
ガラケーと2台所有して通話料を抑える

といった方法で通話料対策を行うことも可能です。
普段から通話が多い人は、この点に気をつけましょう。

ちょっとした勘違い「アプリのデータが削除される」

「格安SIMにするとアプリのデータが削除されてしまう」
こんな勘違いをしている人がいますが、データが削除されてしまうといったことは、ありません。

 

もし、現在利用中のスマホがDoCoMoの場合、SIMカードを入れ替えれば格安SIMを利用できるほか、LINEなどこれまで利用してたアプリのデータをそのまま引き継げます。

データの移行を忘れずに

新しいスマホに引越しする場合、アプリのデータ移行が必要です。
アプリの多くはデータ移行の方法があるので、引き続きゲームを楽しみたい人は、データ移行を忘れずに行いましょう。

 

また、データ移行を行う前にログインIDとパスワードが必要なものもあるため、事前にメモに控えておくと便利です。