softbank編−SIMカード購入から利用開始まで

SIMカード選び

softbankのiPhone 6s,6s Plus,SEを使っている人は、分割購入を含む「購入から180日」を過ぎてからMNPの手続きを行ってください。

 

180日を経過したら、softbankショップなどでSIMロック解除をしてもらった後、格安SIMを購入しますが、softbankのiPhoneで格安SIMの使用が可能なので、大体の人は新しくスマホを購入する必要はないでしょう。

 

softbankのiPhone 6s,6s Plus,SE以外のスマホを使っている人、または現在利用しているのがガラケーの場合、格安SIMを使いたいのであれば、新しいスマホを購入しなければなりません。
選ぶ格安SIMは、docomo系かau系かで選択するスマホが決まりますが、docomo系の格安SIMがいいという人は、SIMフリーにのスマホ、白ロムといったスマホの種類がいくつかあり、スマホ本体の価格もお手頃価格です。

 

au系の格安SIMを選ぶ場合は、選べるスマホはauの白ロムのみと選択しが少なく、スマホ本体の価格も少し高くなりますが、docomo系の格安SIMの通信速度が少し遅いのに対し、auの格安SIMの通信速度は、docomo系より速いです。

 

格安SIMを利用してiPhoneを使いたい人は、docomo系の格安SIMを選んだ方がいいでしょう。
au系の格安SIMでもiPhoneの利用が可能ですが、au系のiPhoneの場合、いくつか制限があるためdocomo系の格安SIMでiPhoneを利用するのがお勧めです。

docomo系の格安SIM

docomo系の格安SIMは、U-mobileとmineo(マイネオ)プラン以外ならdocomo系の格安SIMです。
その中から、ご自身が使いたいスマホで利用可能な格安SIMを選びましょう。

 

docomo系の格安SIMを利用したいなら、楽天モバイル、NifMoが安く購入できるのでお勧めです。
docomo系の格安SIMは、20種類以上と豊富にありますが、新しくスマホも買いたいという場合は、楽天モバイル・NifMoのキャンペーンを利用することで、かなり低価格でスマホを購入することが出来ます。
(※この二社は、頻繁にキャンペーンを行っています。)

au系の格安SIM

au系の格安SIMは、U-mobile、mineo(auプラン)の2種類があり、MNPを行う場合、U-mobileでは「データ高速+音声通話プラン」を。
mineoなら「デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)」を選びましょう。

 

au系の格安SIMは、通信速度が速いといった特徴があります。
U-mobileに関しては、格安SIMの中でも通信速度はずば抜けて速く、その次に早いのがmineoのAプランです。

 

格安SIMに変更することで、通信速度が遅くなるのでは・・・と心配する人も多いですが、U-mobileの場合、通信速度が大手キャリアと同等に出るので快適に利用できます。

 

ただ、au系の格安SIMを利用できるスマホは、種類が少ないという弱点があります。
au系の格安SIMは、SIMフリーのスマホ、docomoのスマホが利用できないなど、利用できるスマホが限定されてしまいます。

届いたら格安SIMの設定をしましょう

格安SIMがお手元に届いたら、同封されている書類に記載されている手順に従って格安SIMの設定を行いましょう。

 

一番最初に行うのが「回線切替手続き」です。
これは、回線の開通手続きになりますが、格安SIMのコールセンターまたはマイページから回線切替手続きが可能です。
この手続きについても、SIMカードに同封されている用紙に手順が記載されていますから、その通りに設定を行いましょう。

手続きで注意するポイント

回線切替手続きを行うと、暫くして利用しているスマホやガラケーの電話・ネットが利用できなくなります。
これは、格安SIMによって異なりますが、新しく届いた格安SIMは、回線切替手続きを開始してから2時間程度で利用できるようになります。

 

回線切替手続きをした後は、届いた格安SIMをsoftbankのスマホまたは利用するスマホに挿入しましょう。
softbankのスマホを利用する場合、中に入っているSIMカードを外してから届いた格安SIMを挿入してください。
格安スマホを購入した人は、そのまま挿入します。
同封されている説明書・ネットにやり方が記載されていますから、なんとなく勘で操作するのではなく、手順通りに行いましょう。

 

回線の切替手続きを行うことで、softbankの契約が自動的に解約されます。
格安SIMの手続きを何もしない場合でも、1週間程度で自動的に回線が切り替わりsoftbankの契約が解約されます。
ですから、softbankショップに直接行って解約手続きを行うといった必要はありません。