docomo編−ガラケー格安SIMのMNP

docomoガラケーの場合は?

docomoのガラケーユーザーの場合、格安SIMを利用する場合は、新しくスマホを購入しなければ、格安SIMを利用することが出来ません。

 

docomoのガラケーユーザーの場合、docomo系の格安SIM・au系の格安SIM共に、どちらを選択してもOKです。
ガラケーで利用しているのがdocomoの電話番号であっても、MNOを利用すればau系の格安SIMへ移行することが出来るからです。

 

au系の格安スマホの場合、docomoのスマホが使えません。
docomoのスマホを所有している場合は、docomo系の格安SIMへMNPを行いますが、そうでない場合は、docomo系の格安SIM・au系の格安SIMでも、お好きな方をお選びいただいて構いません。

 

docomo系の格安SIMの場合、SIMフリースマホ、白ロムなど選べるスマホが多くあります。
docomo系の格安SIMは、auの格安SIMより通信速度は少し遅いです。

 

au系の格安SIMを選択する場合、docomoと違い選べるスマホの種類が少なくなります。
選べるのは、iPhone、SIMフリーのスマホ(一部)、auの白ロムといったものですが、au系の格安SIMは、通信速度が比較的速いです。

docomo系の格安SIMの場合

U-mobile、mineoのauプラン以外は、docomo系の格安SIMです。
docomo系の格安SIMは、20種類以上も種類があるので比較的選びやすく、それらの中から音声通話機能付きの格安SIMを選びましょう。

 

中でも、楽天モバイル・NifMo(ニフモ)が安く購入することが出来るのでお勧めです。
これら2つは、頻繁にキャンペーンを行っているので、キャンペーン中を利用すれば格安でスマホを購入することが出来ます。

au系の格安SIM

au系の格安SIMは、種類が少ないといったデメリットもあります。
U-mobile、mineo(マイネオ)のauプランの2種類ですが、au系の格安SIMは、docomo系よりも通信速度が比較的速いです。

 

MNPを行う場合、U-mobileは「データ高速+音声通話プラン」を。
mineoなら「デュアルタイプ」(データ通信+090音声通話)を選択するといいでしょう。

 

au系の格安SIMは、通信速度が速く、特にU-mobileの場合は通信速度がとても速いので快適に利用することが出来ますが、実は格安SIMの中で通信速度が一番速いのがU-mobileで、mineoが2番目に速いのです。

 

格安SIMに変更した場合、通信速度が大手キャリアと比較すると遅くなってしまうといったデメリットがありますが、U-mobileの通信速度は大手キャリア並みに良いと評判です。

利用できるスマホが少ない

au系の格安SIMのデメリットは、利用できるスマホが少ないということ。
au系の格安SIMで使えるスマホは、

iPhone
arrows M02
auスマホ(白ロム)

といった感じで、しかも、VoLTE対応機種でSIMロックされているauスマホは利用することが出来ないので注意しましょう。