au編−ガラケー格安SIMのMNP

auガラケーの場合は?

auのガラケーを持っている人や格安SIM対応のスマホをもっていない人は、新たにスマホを購入する必要があります。
どんなスマホを買えばいいのか迷う・・・という人もいると思いますが、この場合「au系の格安SIMを選ぶ」か「docomo系の格安SIMを選ぶ」かといった理由で決まります。

 

au系の格安SIMの場合、通信速度は早いものの、選べるスマホの種類が少ないといったデメリットがあります。
docomo系の格安SIMは、通信速度はあまり速くはないですが、選べるスマホの種類が多く、スマホ本体もお手頃な価格で購入できます。

au系の格安SIMの場合

au系の格安SIMは、U-mobile、mineo(auタイプ/Aプラン)になります。

 

au系の格安SIMの中でも、U-mobileの通信速度は大手キャリアと変わらず、格安SIMの中で一番通信速度が速いのがU-mobileです。
格安SIMといえば通信速度が遅いのでは・・・と不安に思う人もいますが、U-mobileの通信速度は速く、mineoでも、docomo系の格安SIMより通信速度が速いです。

 

au系の格安SIMのデメリットといえば、もうひとつ、「殆どのSIMフリースマホが利用出来ない」ということです。
利用可能なのは、SIMフリーのiPhone、auのiPhone、arrowsM02、auスマホのみです。
もし、新しくiPhoneを購入したい人は、docomo系の格安SIMがいいでしょう。
auのiPhoneでもau系格安SIMで利用可能ですが、いくつか制限があるため、もし今auのiPhoneをお持ちでないなら、auのiPhoneを購入する必要はないといえます。

 

格安SIMでiPhoneを利用したい場合、Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入するか、docomoのiPhoneをdocomo系の格安SIMで利用するといった方法がありますが、気にならなければ中古のiPhoneを購入してもいいかもしれません。

docomo系の格安SIM

U-mobileとmineoのauプラン以外の格安SIMは全てdocomo系の格安SIMです。
docomo系の格安SIMは、種類が20種類以上と豊富にありますが、docomo系の格安SIMであればSIMフリースマホ・docomoスマホを利用することが出来るため、格安SIM、スマホ共に選択肢が増えます。

 

ですが、docomo系の格安SIMの通信速度を見ると、au系の格安SIMよりも遅いといったデメリットがあります。
特に、平日昼はdocomo系の格安SIMの通信速度は特に遅いです。
au系の格安SIMは、U-mobileであれば平日昼でも快適に利用できる通信速度が出ます。

 

平日昼でもスマホをサクサク快適に利用したい人は、U-mobileがお勧めです。
平日昼はスマホはあまり利用しない・・・という人であれば、docomo系の格安SIMでも大丈夫です。

 

docomo系の格安SIMを選ぶ場合、楽天モバイルやNifMoなどがお勧めです。
これらは、格安スマホを安く購入できるので、新しくスマホを購入するという人に特にお勧めです。
新しいスマホを購入する必要がない場合、他の格安SIMで構いませんが、MVNOの場合、楽天モバイル、NifMoが格安スマホを更に安く購入できるキャンペーンを頻繁に行っているので、スマホはあるが買い換えてもいいかも?という人は、新しく購入するのを検討してみるのもいいでしょう。