NifMo

NifMo(ニフモ)の特徴

NifMoは、通信品質が良いことで知られている格安SIMです。
DoCoMo系の格安SIMで、通信速度は一番速いのが特徴です。
3GBプランの場合、月額900円と手頃ですが、5GB以上のプランの場合、料金が少し高めです。

 

NifMoは、通信速度がトップクラスで、キャッシュバックキャンペーンを行うこともあるほか、スマホセットなら2年間は月額料金から200円割引を受けられるほか、公衆無線LANを無料で利用することも出来ます。

 

基本料金は初月無料といった嬉しいサービスのほか、「バリュープロラム」といった割引プログラムもありますが、格安スマホの価格が低下より高め、公衆無線LANが少ないといったデメリットも。

 

NifMoは、DoCoMo系ということで通信速度が一番早く、月額料金が安くなるバリュープログラムがあるため安く利用できる反面、通信速度が遅くなってしまうことが心配されていますが、NifMoの場合、2015年12月頃を境に改善されたことでユーザーを増やし、現在でも問題なく通信速度が安定しているようです。

 

格安SIMで通信速度が最も安定している・早いのはUQ mobileなので、通信速度を重視したい人は、NifMoよりUQ mobileがお勧めですが、UQ mobileの次に通信速度が速いのがNifMoです。

nifty会員は月額料金200円割引も

@niftyの接続サービス、

@nifty光
@nifty光プロバイダーコース
@nifty光ライフ with フレッツ
@nifty光 with フレッツ
Bフレッツ光コース
@nifty auひかり
@niftyコミュファ光
@niftyドコモ光
ADSL接続サービス
スペシャルコースを含むフレッツ光ADSL

をご契約中の人は、NifMoの月額料金が200円割引されるサービスを受けることが出来ます。
(※1,1GBプランの場合は割引適応外)

 

NifMoは、月額640円で利用できる1,1GBプランがありますが、3GBプランへの変更は可能なものの、上位プランから1,1GBプランへ変更することが出来ないため、ご自身がライトユーザーなのか・ヘビーユーザーなのかを今一度よく把握しておく必要があるほか、1,1GBプランの場合、割引サービス非対応の場合があるので注意しましょう。

NifMoのオプションは?

NifMoは、オプションが色々とありますが、特に利用しなくても問題ありません。
音声通話対応、SIM対応はご自身が申し込むかどうかを決めればいいですが、あんしん保証(月額480円)、訪問レクチャー(月額480円)は不要といえます。

 

格安スマホは、安くはないですが高額かと言われたらそうではありません。
ですから、あんしん保証を申し込んで1年でスマホを破損した場合、380円×12ヶ月+5,000円で税込10,324円ですが、実質この価格で同じ機種(新品)に交換してもらうことが出来ます。
また、2年で破損した場合は、税込15,240円で、こちらも同じ機種(新品)に交換してもらえます。

 

つまり、格安スマホを2年間使用した場合、2年後の価格は当初の半額程度ですから、破損を機に新しく買い直すのと変わらないということです。
よく落とす・しょっちゅう落として傷をつける人は、あんしん保証の加入がお勧めですが、そうでないなら不要といえます。

 

※au、softbankのスマホはNifMoでは利用することが出来ないので、新しくスマホを購入する必要があります。

 

また、月額480円の訪問レクチャーに関しては、2年契約が原則です。
途中で解約すると、違約金として契約料金の残金を一括で支払うことになります。
初回60分程度の訪問レクチャーは無料なので、お得と感じるかもしれませんが、月額480円を2年間払い続ける必要があるため、結果として12,441円を支払うことになるのです。

バリュープログラムは得なのか

バリュープログラムを利用する場合、アプリのダウンロードで50円割引、紀伊国屋の買い物で2,5%割引、Yahoo!ショッピングでは1,5%割引など、割引適応される買い物サイトをお得に利用することが出来ます。

 

また、割引されたものは、NifMoの格安SIMの月額料金から割引することも出来るので、お得だと思いますが、「割引を溜める」ことが必要、つまり、まめにコツコツ貯められる人でないと、面倒さを感じて結局ほっぽらかしになることも。

 

また、ダウンロードアプリをどこまで信頼していいのかといった点も気になるところです。
自動車見積もり、ネット動画の会員登録などがメインのほか、指定されたお店で食事をした際の食事代の何割かがポイントとして貰えるので、外食が多い人はお得・・・と感じますが、やはりこれも、指定されたお店が行動範囲の近くにあるかといったことが問題です。

 

東京都と大阪府は指定のお店が多い、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県はまあまあ指定のお店がある、それ以外は・・・といったところです。

NifMoでんわの評判が悪いのはなぜ?

NifMoは、月額1,300円で国内電話が掛け放題という「NifMoでんわ」がありますが、この評判がなかなか最悪です。

 

利用した約90%のユーザーが低い評価をつけていますが、通話音質が悪いことが原因のようです。
これは、NifMoでんわが海外のサーバー経由で通話を行うため、音声に時差が出るほか、相手のスマホ画面に非通知で表示されるといったこともあるようです。

 

もし、利用して「これは使えない」と思い解約しようと思っても、利用開始月の翌月〜2ヶ月の間に解約してしまうと、契約解除手数料が3,000円掛かってしまうので注意しましょう。

無料の公衆無線LANは?

NifMoは、公衆無線LANのBBモバイルポイントを無料で利用することが出来るものの、WiFiスポットが少ないといったデメリットがあります。

 

BBモバイルポイントでWiFiスポットを確認することが出来るものの、正直パッとみて見つかるものでもないですし、よっぽど几帳面なユーザーでもない限り利用することはないかもしれません。

初月の基本料金が無料に

NifMoは、SIMカードを受け取った月の基本料金が無料になります。
例えば、7月末に申し込みをして8月初旬に届いた場合は「8月が初月」となります。
また、スマホを一緒に購入した場合、初月の基本料金が無料(※機種の分割払い分は無料にはなりません。)になります。

 

NifMoはコチラから