イオンモバイル

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルは、安心保障に入りたいという人にお勧めの格安SIMです。
安心保障は月額350円なので加入しておくことで、万が一スマホを破損した場合でも、イオンモバイル店舗ですぐに新品に交換してもらうことが出来ますが、これまでスマホを長く利用したが壊した経験がほとんどない人には、安心保障は不要かもしれません。
(※データは全て消失します。)
イオンモバイルは、月額料金も低価格で、IIJmioと通信速度が変わらない格安SIMです。

 

販売店・サポートをしてくれるイオン店舗は全国で200店舗以上あり、月額料金は業界最安値水準であること、音声通話プランをすぐに解約した場合でも、違約金が発生しません。

不便なことも・・・

イオンモバイルは、ネットから契約することが出来ません。
また、即日引き渡し不可、要予約といった感じで、購入する際は実店舗で予約をして後日商品を取りにいくといった申込方法です。

 

イオンモバイルは、2016年2月からスタートしましたが、格安SIMながらネット注文が出来ないという不便さがあります。
イオンモバイルを利用したい場合は、イオン店舗に行く必要があるほか、即日手渡しといったことをしてもらえません。

 

予約を入れた後、早くて数日、遅くて1週間程度で入荷されたら取りに行くので、時間が作りづらい人にはちょっと不便かもしれません。

 

イオンモバイルの利用を検討している人で、出来るだけ早く格安SIMが欲しいという人は、イオンモバイルは向いていません。
店舗によって状況は異なるようですが、事前にイオンモバイルを取り扱っているイオン実店舗に電話確認をする必要があります。

イオンモバイル公式サイト

イオンモバイルの公式サイトは、少し閲覧しづらいかもしれません。
格安SIMについて詳しくない・よく分からないという人は、理解しづらいかもしれません。

 

イオンモバイルは、オンラインショッピング「イオンスクウェア」の中で取り扱われていますが、実際にはオンラインショッピングで予約注文は出来ません。
また、慣れない人が見ると情報が交錯しているようにも見えてしまうため、サイトの中をあれこれ見て回るよりも、イオンモバイルに電話で問い合わせをした方が早いかもしれません。

イオン実店舗での申込受付は午後6時まで

イオンモバイルは、イオン全店で取り扱っている訳では、ありません。
大型店であれば取り扱いがありますが、そうでなければ、取り扱っているかを事前に問い合わせた方がいいでしょう。

 

受付時間は午後6時まで。
この時間を過ぎると予約受付も出来ませんのでご注意を。
また、イオン店舗で対応が異なる場合もあるほか、イオンモバイルサイトには受付時間が明確にされていないため、向かう予定のイオンに、イオンモバイルを取り扱っているか・申込受付時間は何時までか・何が必要か(身分証明書など)を確認しておいた方がいいでしょう。

 

イオン自体の営業時間は、23時や深夜までといった感じですが、イオンモバイルの受付時間は異なるので注意してください。

気になるサポートは?

イオンモバイルのサポートは、まだまだこれからといったところです。
まだ比較的新しい格安SIMなので、仕方ないといえば仕方ないかもしれません。

 

イオンで格安スマホを契約した場合、もし破損したり不具合が生じた場合、まず電話で問い合わせを行うことになりますが、イオンモバイルの場合、基本的に電話をすることが必要と覚えておきましょう。

 

ただ、イオン実店舗で修理依頼の受付を行っているので、スマホが壊れた場合は、実店舗で修理依頼をしましょう。
月額350円の「イオン安心保障」に加入している場合は、実店舗で新品のスマホと交換してもらうことが出来ます。

 

イオン実店舗では、修理依頼、プラン変更など契約に関することを受け付けていますが、操作方法がわからないなどを教えてくれるといったサポートは行っていません。

 

MVNOは、スマホが破損した場合は郵送が一般的です。
メーカー保障期限内なら電話をして郵送し修理をしてもらうといった方法か、独自の保障プランであれば電話をして新品のスマホを郵送してもらうといった方法ですが、イオンの安心保障に加入している場合は、実店舗で新品のスマホが受け取れるほか、実店舗で修理依頼の受付をしてくれるのは、意外と便利です。

交換・修理はデータが残らないので要注意

スマホが破損した場合、電話帳、アプリのデータ、画像・動画のデータといったものは、全部消えてしまいます。
データサポートがあれば話は別ですが、イオンモバイルにはそのようなサポートがありません。(修理・交換のみ)
イオンモバイルは、月額300円で電話サポートをしてくれていますが、実店舗では行っていないなど、少々ややこしさも。

 

データの復旧に関しては、事前にバックアップを取るか・・・といった方法しかないため、破損してしまった場合の交換・修理の際はデータは諦めましょう。

 

破損の際は、代替機種を無料でレンタルしてくれますが、実はこれにもカラクリが。
もし、イオンモバイルのスマホが破損してしまった場合、修理に出すことになりますが、代替機種を無料レンタルしてくれるのはイオンモバイルだけ・・・なのですが、「安心保障に加入しておらず1年間のメーカー保障期間内にスマホが故障した場合のみ適応」されるものです。
これに該当する人のみ、破損の際の無料レンタルを利用することが出来ます。
(※メーカー保障は、水濡れ・落下による破損は保障外です。)

 

安心保障に加入している場合、ディスプレイが割れるなどスマホが破損した場合、新しいスマホと交換になるため、代替機種利用の必要はありません。
修理依頼を考える人もいるでしょうが、費用は修理も新品も同じなので交換した方が早いです。

安心保障未加入でも修理依頼は可能

安心保障に加入していない場合で、イオンモバイル購入後1年が経過している場合、メーカー保障は受けられませんが、修理依頼を出すことは可能ですが、修理代金が高額になることもあるため、新品を購入した方がいいかもしれません。

 

修理依頼をした際は、スマホが初期化されるためデータが消失するので注意しましょう。

 

イオンモバイルはコチラから